医師国試日記

112回医師国家試験を受験する医学部6年生のブログ。111回医師国試の大きな難易度の変化と昨年度から大きく変わり多様化する医師国家試験予備校業界。予備校の比較や教材の比較やまとめノートなどできる範囲で記事にしていきたいと思います。ぜひ読んでみてください

111A58  悪心・嘔吐から必ず鑑別すべき疾患について  

 

 

今後は 臨床問題から病態生理を理解して診断名はわかることが前提で そこから治療方針や鑑別疾患やそれに伴う検査を選ばせる問題が増加していくと考えられる ・・・前回の記事で書かせてもらいました(20170603参照((+_+))) 

 

そんな一例を紹介したいと思います。

111回臨床問題で出題された一例です。

【111A58】※ 医師国家試験過去問データベースより引用

【診断名】心筋梗塞をテーマにした問題です。

心電図所見では Ⅱ.Ⅲ・aVF誘導においてST上昇がみられることからST上昇型下壁心筋梗塞が考えれられます。

そして問題の流れとして

① 下壁に栄養する血管である右冠動脈が房室結節に栄養できないことから 完全房室ブロックや洞停止 

心筋梗塞による虚血により心室細動

になるという 流れです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ここまでは問題の解説になりましたが今回紹介したいのが 下壁梗塞についてです。

心筋梗塞といえば突然の胸痛から始まり30分以上持続する胸痛で安静時労作時ともに胸痛が変わらないことで有名です。しかしこの症例文では 胸痛を示唆する所見がないのが特徴です。

 

下壁心筋梗塞では 消化器症状(吐気など)を主訴に来院されることが多く、消化器疾患と思ったら実は急性心筋梗塞であったとという症例が多いのも特徴であり 悪心・嘔吐の鑑別に必ず心電図検査などの急性心筋梗塞を調べられる検査を入れる必要がある とされています

※ 参考文献 聖路加国際病院 消化器内科 悪心・嘔吐の鑑別について

http://www.igaku.co.jp/pdf/1401_resident-02.pdf#search=%27%E4%B8%8B%E5%A3%81%E6%A2%97%E5%A1%9E+%E6%95%91%E6%80%A5+%E6%B6%88%E5%8C%96%E5%99%A8%E7%97%87%E7%8A%B6%27

 

111A58ではそのような背景を知ってほしいと問題でもあるように感じました。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

多様化する国家試験予備校② 今求められていることは何か?

大学内での講義などでは 臨床では病態生理が大事だとやたらに強調されてきたと思う。病態生理を理解するためには正常の構造(解剖学)と機能(生理学)を理解が重要でありよって基礎医学は重要であり・・・・というおなじみのフレーズを聞くと思う。

確かにどの疾患でも病態生理がわからないと治療も検査もわからないのは事実だと思う。 多くの予備校でも病態生理を深く切り込むのがブームになっていたのを感じていた。

① 臨床問題の傾向が強くなるとは?

しかし実際の国家試験(特に110回が顕著。108回からその傾向は強く・・)では臨床問題を読んで診断名もつけられるし病態もイメージできた と思って次に施行すべき検査?もしくは治療法はどれか?という問いに対して実際選択肢をみたら どれも参考書に載っている検査や治療法であり 答えどれなのかと迷うことは多々あると思う。2つまでは絞れるけどベストな選択肢がわからないことは多々あると思う。 

模試や卒業試験などでもこの傾向は増加しており 多くの人が悩まされてきたと思う。

そのため、今後は 臨床問題から病態生理を理解して診断名はわかることが前提で そこから治療方針や鑑別疾患やそれに伴う検査を選ばせる問題が増加していくと考えられる(大学内の教員だけでなくTECOM・MTM氏はじめとして各予備校関係者もそう語る)

 

②予備校の講座はどう変化していったか

MECでは臓器別講座のテキストからの変化が起き検査や治療方針の順列化したテキスト作成、TECOMでは診断から治療のアルゴリズムといった項目において講義に多くの時間を割くようになっていた。

そのため 今後は そのような勉強法が求められるのかもしれないと感じた。

多様化する医師国家試験予備校業界① 3大予備校から5大予備校の時代へ

初めての記事として 多様化する医師国家試験予備校業界について 書きたいと思います。

 

2016年度までは ①MEC(代表講師:孝志郎先生) ②TECOM(代表講師:三苫先生) ③MAC(代表講師:東田先生)でした。

しかし、2015年11月20日にTwitterでのかつてMEC臓器別完成講座を担当されていた 穂澄先生が④medu4をたちあげ話題を呼んだ。

QB(メディックメディア社)からも⑤QBオンライン上で講義が展開され講師として清澤先生と盛永先生(2017年4月1日にメディクメディア社に入籍)

が担当している。

2016年度は 穂澄先生による medu4の開設、 2017年度からは盛永先生参戦によるQBオンラインが新規予備校として参する形となった。

つまり112回医師国家試験を受験するにあたり、この5つの予備校についての情報は目が離せない状況となってしまった。